本音のアフィリエイトで差別化を

自分が儲けを出したいがために、どんな商材でもオススメするアフィリエイターは結構います。
無料ブログを大量生成してひっかかるのを待つというのも戦略の一つです。

ただし、それは諸刃のヤイバであり、

こんな商材を売りつけようとしてるアフィリサイトからは買いたくないな、とか、あそこのサイトはろくでもないなんて噂が広まれば、誰も買ってくれなくなったりしますし、自動生成されたブログからは買いたくない、という人もいるでしょう。

差別化を図るには、全ての商材を売ろうとしない、

だめな商材はだめだと切り捨てたレビューを載せることにより、「ああ、この人はちゃんと商材の中身を調べているし、お客のことも考えているな」と思わせることにより、信頼度が上がり、結果的に成約率が上がるわけです。

ただ、ほとんどだめな商材の場合、半分は本当にダメと言っておきながら半分は、よくないのに言いと言ってる場合とかもあり、これも戦略的なものだったりします。これは営業スタイルによって違ってきますね。
アフィリエイターは売りたい商品を自由に売れる営業マンのようなものですからね。結果的に自分が長く儲け続けるためにはどうすればよいか、これを皆考えているわけです。

sho1は大分面倒くさがりな性格のため、ダメ商品までわざわざレビューしようとは思いません(ページを作るのも大変な為)

オススメ商材を選んでのせていこうと思います。

 

あわせて読みたい関連記事:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す