【番外編】専門店作成!WordPressでのサイトづくり

wordpress-logo-stacked-rgb-400x248WordPress 聞き慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、これからアフィリエイトで稼ごうと思われる方は是非共ワードプレスでのサイト作成にチャレンジしてもらいたいと思います。

 

sho1もアメブロ→FC2ブログと渡り歩いてきましたが、サイトはネット上での「お店」になるので「お店」が安っぽい作りであるとやはり結果も付いてこないかと思いました。

ワードプレスってなんですか?

専門的な内容はWikipediaやgoogleなどで検索すると色々でてきますが、

MySQL」がどうとか、オープンソースでCSSが、、とか未だに訳がわかりません。

私はブログとHTMLの中間のツールであり、そのブログのデザインを飛び越えて全て自分で作り上げられるツールだと思っています。要するにぱっと見て

「ちゃんとしていて奇麗だな」と感じるサイトは大体これを使って作成されています。

ホームページとは

ホームページは基本的には白紙の画面に一つ一つデザインや文字をレイアウトを考えながら配置していく物になります。

大体全て白地からの構築は難しいので、一般的にはホームページビルダーなどの作成ソフトをつかいますが、HTMLという特殊なコンピューター言語を打ち込むことによりゼロから作り上げていくので、

非常に自由度が高く何でもできる反面、

初心者や時間のない方はそれがデメリットとして作業の手間がかかります。

ではブログ?

それでは近年流行だしたブログはどうなんでしょうか?といいますと、あらかじめブログサービス”アメーバ”や”FC2”などから与えられた

テンプレートに文字を記入していくだけで簡単に見栄えのよいサイトが作れるのです。

文字を打つだけなので携帯やスマホなどからも手軽に更新できる反面、決まったテンプレートの枠を超えられないという制限もあります。

またアフィリエイトなど商用利用を禁止しているブログサービスもあり(アメーバなど)、

禁止規定も曖昧な為せっかく作り上げたブログサイトが規約違反により一瞬にして削除されるリスクも有ります。

ワードプレスに戻ると、、

ワードプレスはこの中間であり、ホームページ並みの自由度がありながら、記事の更新はブログのように文字を打つだけです。またレンタルサーバーと契約することによって「自分専用アドレス.com」のように自分だけの「お店」を持つことができるのです。またワードプレスはフリーのため、

全世界で開発された様々なテンプレートやプラグインを導入

することによって自分だけの機能を増やしていくことができるため、個性的なサイトを商用目的で持つのであればワードプレスが一番良いと思います。

特徴はSEOに強い

従来通常のホームページに比べてブログサービスは検索エンジンに強いという特性がありました。

つまりブログで作成したサイトは上位表示されやすかったのです。

結果、内容の整っていないブログサイトが検索エンジンで上位を占めてしまう形となった為、

その後の改訂でブログフィルタを追加し上位表示させないよう変更を行いました。

しかし、ワードプレスはこのフィルタをすり抜けることができるです!

 

 

 

あわせて読みたい関連記事:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す